旅する服屋の「幸せの輪プロジェクト」

この状況下でもお客様との「思い出」やウキウキわくわくとする「生きがい」を大切にしたい。こんな中で私たちにしか出来ない事は何だろう?このコロナ禍の中で考え続けてきました。

考えてたどり着いたのは「旅する服屋」というキーワード。今年度は旅行部門を立ち上げて10年。すなわち、お客様と一緒にお出掛けを楽しんできて10年。

そして、お客様との「思い出」と、旅先の施設さんとの「出会い」を頂いてきた10年。その二つを繋ぐ事が出来れば、お客様の笑顔だけでなく、これまでお世話になってきた皆様にも笑顔をお届け出来ると考えました。

大変有難い事に、中日新聞社さんがこんな私たちの思いを記事にして下さいました。これから始まるこのプロジェクトで、沢山の「笑顔」と「ありがとう」が生まれますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です